施術を受けて新しい自分に

カウンセリング

適した方法で理想を実現

美容外科で受けられる二重整形は埋没法と切開法に分けられ、どちらも人気の施術として多くの方が受けています。埋没法なら時間をかけずに手軽に受けられますし、切開法を選択すれば半永久的にシャープなラインを手にできます。きれいな二重を望んでいるなら、ぜひ美容外科のカウンセリングを利用して相談に行ってみましょう。埋没法は、糸でまぶたを留めて二重を形成する施術ですが、その方法を一つではありません。2点留めや4点留めなど、まぶたに糸を通す回数によって施術内容が変わってきます。2点留めは費用も手頃で施術後の腫れも少なく、埋没法の中でも一番手軽に受けられるようになっています。4点留めは糸が外れにくくラインを長持ちさせることができ、細かく糸を通すため繊細なライン形成が可能です。2点留めと4点留めは、多くの美容外科で埋没法の基本メニューとして採用されており、中には6点留めを提供している施設もあります。切開法の場合は、1箇所から3箇所程を部分的に切開する小切開法と、形成ライン上に沿って切開する全切開法の2つの術式が用いられます。一定のダウンタイムを必要としますが、まぶたの状態に合わせて切開法を選択すれば、一生もののラインを手にできます。これらはどこの美容外科でも受けることができますが、施設を選ぶときにはネット上の口コミサイトを利用すると良いでしょう。美容外科の口コミサイトには、二重整形のカテゴリーも設けられており、いろいろな感想を見ることができます。カウンセリングの対応から、施術の出来まで、利用者の意見を参考にするのも良い選択方法です。二重整形と一口に言っても、求める目元の形状によっては、埋没法や切開法に加えてほかの術式を併用することもあります。目の幅を内側に広げる目頭切開法や外側に広げる目尻切開法などは良い例で、二重整形と同時に受ければシャープなラインとともに切れ長の目元を手にできます。より美しい形状を求めるならば、ほかの術式も活用することが効果的です。まぶたの脂肪が多く、埋没法で安定したランを形成できない場合には、脂肪を除去する脱脂術と併用することで問題を解決できます。また、埋没法や切開法に加えて、ヒアルロン酸注入により整った涙袋を形成することもできます。そのほかにも、垂れ目形成や下まぶたのたるみ取りなど、二重整形と併用できる目元の施術はたくさんあります。目的によってこれらの施術と併せれば、理想の目元を手にすることが可能です。二重整形と同時にこれらの施術を希望する場合も、ネット上の口コミは参考になります。目元の施術に関する美容外科の口コミも多数掲載されているので、確認してみると良いでしょう。実際にほかの術式と併用して二重整形を行った方の口コミなども掲載されています。口コミサイトはネット上に複数存在しており、各美容外科の様々な感想を知ることができます。美を目的として目元の形状を変えることになるのですから、美容外科選びに慎重すぎるという言葉はありません。どんどん口コミサイトを利用して、しっかりと判断することが大切です。併せて各美容外科のホームページで施術内容も確認し、カウンセリングを受ける施設を決めていきましょう。